« 「らしさ」の呪縛 | トップページ | 日本の経済を支える彼女 »

2012年9月21日 (金)

双方の思惑

生徒とスティック(バチ)の話になりました。

彼はあるプロドラマーのシグネチャーモデル、
つまり本人使用モデルを使っていました。

ところが彼はそのスティックが
誰のモデルかを知りませんでした。

つまり彼はそのスティックを使いやすいので
使っていただけなのです。

スティック選びとしては
正しい選択のひとつだと思います。

ただそのスティックを売っているメーカーは
なぜそれを売っているのでしょう。

○○さんの使っているスティックを自分も使いたい!
○○さんのスティックを使えば自分も上手く叩けるかも!

と思うドラマーさんたちが買ってくれるだろう、
という思惑が少なからずあるはず。

今回の彼の場合、
発する側と受ける側の思惑が違うのに、
良い結果が出た例なのかな…

と思ったりしたのでした。

|

« 「らしさ」の呪縛 | トップページ | 日本の経済を支える彼女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44124/55707585

この記事へのトラックバック一覧です: 双方の思惑:

« 「らしさ」の呪縛 | トップページ | 日本の経済を支える彼女 »