« 事務局からのお知らせ | トップページ | 2012年に向けて »

2011年12月 5日 (月)

レッテルを貼る

人に対して
「あの人はこういう人よね」とレッテルを貼ることは
特にマイナスのレッテルを貼ることは
通常はあまりいいことではありません。

例えば、

「○○さんはやさしくない」

と自分の中で思ってしまうことで、
その人のレッテルを貼った部分、
この場合では「やさしくない」部分ばかりを
見るようになってしまうからです。

悪いところばかりを見て、
「やっぱりね・・・」と思って、
どんどんその思いを強めてしまいます。

人は一面だけではありません。
いろいろな面を持っているのですが、
レッテルを貼ることで、多面的な部分を
見なくなってしまいます。

ということですが、

このレッテルを貼る、
違う使い方をするとストレス対策になります。

レッテルを貼るの最大の効果(?)は
・それ以外考えなくなる

ということです。

だから、
人がやったことでイライラしたりするときに、
意識的に使ってみると楽になります。

例えば・・・

メールで連絡をしても、
なかなか返信をくれない人に対して、
返信を待っている間、

そんな時、
「マナーとして、返信すぐ送るのが当たり前なのに、
 どうして!」
と思ったりして、イライラすることもありますね。

でも、
「あぁ、この人は返信遅い人」
ってレッテルを貼ってしまうと・・・

もう返信が遅いことについて、
考えなくなりませんか?

返信が遅い人なんだから、仕方ない

という気持ちになりますね。

自分がイライラしても、怒っても、
多分、その人の返信が遅い行動を変えることは
できません。

だったら、そのことでマイナスの感情を持たない方が、
ストレスにはなりません。

実際に、返信を早く欲しい場合には、
・いつまでに返信を出してほしいとか、
・期限の前日に電話などで、確認をするとか・・・
そういった具体的なこちらからの関わりをした方が、
現実的に問題が解決されます。

考えないようにしたい問題には、
ストレスを感じているようなことには、
意識的にレッテルを貼ってみて下さい。

不思議と考えることをやめることができますよ。


|

« 事務局からのお知らせ | トップページ | 2012年に向けて »

近藤 ひろえ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44124/53400926

この記事へのトラックバック一覧です: レッテルを貼る:

« 事務局からのお知らせ | トップページ | 2012年に向けて »