« 2011年11月 | トップページ

2011年12月

2011年12月25日 (日)

事務局からのお知らせ

まもなく2011年も終わろうとしています。
みなさんの2011年はどんな一年だったでしょうか。

来年のドルフィンライフは
システムが大きく変わります。

時間や料金、そしてお楽しみの部分。

今までの良いところを
更に凝縮してお届けする事が
出来ると思います。

残り少ない2011年ですが、
みなさん体調には十分お気をつけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

2012年に向けて

みなさんにとっての2011年とはどのような年でしたでしょうか?

毎年この時期になると、その年を振り返る質問をよく投げかけます。

特に今年は誰もが自分自身のことだけでなく、
日本のこと、世界のこと、地球のことを
考えさせられる一年だったのではないでしょうか。

そして、一年を振り返るのと同時
「来年の抱負は?」と問いかけますが
『2012年に私たち一人一人が日本、世界、地球に対してすべき事』
という質問をしながらオラクルカードを引き、
それに対してのメッセージを受け取ってみました。

そのメッセージとは↓

***************************************************

問題としか思えない状況でも、
それが何かに対する答えの一部であるということがあります。

物質世界におけるすべては、
自然のリズムと強調しながら回っており、
辛い時期があったとしても、
そうした状況が必要だったという理由がわかる時が
いずれは来るということ。

すべての愛と無限の英知を信じましょう。

これらのことから「いかに困難な状況の中にも必ず望みがある」
ということを知らせているということに気づきましょう。

すべての人々によってもたらされる答えと導きを信じ、
その気づきに従うことです。

そしてもうひとつは「純粋なコミュニケーション」
他の人の思考やメッセージを受け取るために
ひとりひとりの心をクリアにして、
あなたも人々へ希望や愛、感謝のメッセージを
送るようにしてください。

***************************************************

このメッセージを受け取って、
みなさんはどのように感じられるでしょうか?

自分なりに何かを受け取っていただくことができれば、
それがあなたへのメッセージ、そして答えとなります。


今年もこのブログ(スタッフ日誌)を読んで頂き、
本当にありがとうございました。
みなさまにとって来年もより一層の喜び多い年となりますように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

レッテルを貼る

人に対して
「あの人はこういう人よね」とレッテルを貼ることは
特にマイナスのレッテルを貼ることは
通常はあまりいいことではありません。

例えば、

「○○さんはやさしくない」

と自分の中で思ってしまうことで、
その人のレッテルを貼った部分、
この場合では「やさしくない」部分ばかりを
見るようになってしまうからです。

悪いところばかりを見て、
「やっぱりね・・・」と思って、
どんどんその思いを強めてしまいます。

人は一面だけではありません。
いろいろな面を持っているのですが、
レッテルを貼ることで、多面的な部分を
見なくなってしまいます。

ということですが、

このレッテルを貼る、
違う使い方をするとストレス対策になります。

レッテルを貼るの最大の効果(?)は
・それ以外考えなくなる

ということです。

だから、
人がやったことでイライラしたりするときに、
意識的に使ってみると楽になります。

例えば・・・

メールで連絡をしても、
なかなか返信をくれない人に対して、
返信を待っている間、

そんな時、
「マナーとして、返信すぐ送るのが当たり前なのに、
 どうして!」
と思ったりして、イライラすることもありますね。

でも、
「あぁ、この人は返信遅い人」
ってレッテルを貼ってしまうと・・・

もう返信が遅いことについて、
考えなくなりませんか?

返信が遅い人なんだから、仕方ない

という気持ちになりますね。

自分がイライラしても、怒っても、
多分、その人の返信が遅い行動を変えることは
できません。

だったら、そのことでマイナスの感情を持たない方が、
ストレスにはなりません。

実際に、返信を早く欲しい場合には、
・いつまでに返信を出してほしいとか、
・期限の前日に電話などで、確認をするとか・・・
そういった具体的なこちらからの関わりをした方が、
現実的に問題が解決されます。

考えないようにしたい問題には、
ストレスを感じているようなことには、
意識的にレッテルを貼ってみて下さい。

不思議と考えることをやめることができますよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ