« ヒプノセラピー体験を3回連続で! | トップページ | この季節に思うこと »

2011年9月 5日 (月)

事実と解釈

自分の見えているもの・ことを疑うようにしています。

私たちが事実だと思っていることの多くは、
自分の解釈が含まれているからです。

例えば、
ある会合に行ったんだけど、
いつもは話をしてくれる知人が
その日は全く話をしてくれなかった。

「あれ、自分は何かしたかな?
 (嫌われている?)」

と思ってしまったり、

「なんで無視するのよ」

と思ってしまったり・・・

知人が話をいつもよりしない
=無視した、嫌われた

と考えてしまい、そしてそれが、

【事実】

だと思ってしまいがちです。

でも、ここでちょっとだけ、その自分が感じたこと、
考えたことを疑ってみて下さい。

「無視されたって思ったけど、
 それって事実?
 ちがうかもしれないよね。
 相手が忙しくて気づかなかったことも
 あるかも」

他の解釈もここで検討できると、
自分のストレスにもならないし、
相手との人間関係を悪くすることにも
なりません。

そして、どうしても気になったら、

相手に率直に聞いてしまう。

のも1つだと思います。

相手に本当のところを聞かないで、
自分の思い込みを事実だと
思わないようにすることが、
人との関係やストレス対策に
とても役立つと思っています。

私は、この考え方が身についてからは
ストレスを感じにくくなっていますし、
とても生きやすくなりました。

一度、お試しくださいませ。

|

« ヒプノセラピー体験を3回連続で! | トップページ | この季節に思うこと »

近藤 ひろえ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事実と解釈:

« ヒプノセラピー体験を3回連続で! | トップページ | この季節に思うこと »