« ドルフィンライフ イメージワーク | Main | ウォーキング »

June 27, 2009

昔の人の知恵

宗教によってちがうのですが、
ある宗派では、人が亡くなると、
その家に一週間ごとにお経をあげにお坊さんが
いらっしゃいます。

これって、とてもいいシステムだなぁと
そう思いました。

7日ごとにお坊さんがお経をあげにくる
→ 身近な親族はそのたびに家に行く
→ 一週間ごとに人が集まるので、そのときだけは寂しくない

お通夜・お葬式などでは
普段あまり顔をあわせない親戚や知人、友人などが
たくさんきて、一時にぎやかになりますが、
それも式が終われば、すっーとひいていってしまいます。

家族にとってみれば、
人が一人いなくなって、
そして、にぎやかだった時間も過ぎ、
寂しさが一層募ってしまいます。

そんな中での、1週間ごとの法要。

残された家族のためのものなんだなぁと
そう思いました。

昔からそう続いてきたこと。
それは、理にかなっていることが多いなぁとそう思いました。

|

« ドルフィンライフ イメージワーク | Main | ウォーキング »

日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44124/45667212

Listed below are links to weblogs that reference 昔の人の知恵:

« ドルフィンライフ イメージワーク | Main | ウォーキング »