« 「日常生活からの気づき」第105号 | Main | 「日常生活からの気づき」第107号 »

December 14, 2007

「日常生活からの気づき」第106号

【モニタリング】

体調を崩す時というのは、
何かしら予兆があります。

体からのSOSのサイン。

でも、大抵ささいなことなんで、つい見逃しがち。

体調を崩してしまってから、

「あぁ、そういえば肩が急に凝ってきたなぁ・・・」

なんて、振り返ってみると、
しっかりサインが出ていたことに気づいたりします。

実は心もSOSを出しています。

前号で11月中旬頃、落ち込んでいたと書きましたが、
ふりかえってみると、
落ち込む前に、SOSのサインが出ていたことに気づきました。

なんとなく、やる気がでなかったり、
ぼーっとしていたり、
疲れやすくなっていたり、

その時に、

「あれっ、SOS出てるかな?」って、

気づくと、随分ちがってくるなと思いました。

そのためには、
日頃から、自分の心の状態をモニタリングすることが
大切ですね。

今、あなたの心の状態はいかがですか?

|

« 「日常生活からの気づき」第105号 | Main | 「日常生活からの気づき」第107号 »

声のメルマガ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44124/17363774

Listed below are links to weblogs that reference 「日常生活からの気づき」第106号:

« 「日常生活からの気づき」第105号 | Main | 「日常生活からの気づき」第107号 »