« 「日常生活からの気づき」第82号 | Main | 「日常生活からの気づき」第84号 »

May 31, 2007

「日常生活からの気づき」第83号

【受け止め方】

ある研修のミーティングをしました。
私のような講師の方が何名も出席しているミーティングです。

こんな話がでました。

研修の進め方の話をしているときに、

「何かゲームなどを行って、
そのゲームが何のために行ったのか、
どういう気づきを感じてほしいのかをまとめないのは
あまり好きではない。
そういう研修では、

『みなさん、個人個人で感じたものが大事です』

と言われる事が多いけど、ピンとこない。
最後に、講師が言葉でまとめる方がしっくりくる」

という話が出ました。

出席している講師の方も多くが同じ意見だったようです。

私も、もちろんこの意見にも納得できたのですが、
でも、時には、個人個人で感じたことを大事にするために、
講師が言葉でまとめない方がいいこともあると思っています。

私が受けた研修で、
講師の方が最後に言葉でまとめちゃったことで、
自分が感じたことが台無しになってしまった経験がありました。

人の受け止め方はさまざま。

研修を受けて下さる方を信じて、
何を感じて、何を持って帰ったのかを
相手に委ねる方法も大事にしたいなと思いました。

|

« 「日常生活からの気づき」第82号 | Main | 「日常生活からの気づき」第84号 »

声のメルマガ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44124/15266083

Listed below are links to weblogs that reference 「日常生活からの気づき」第83号:

« 「日常生活からの気づき」第82号 | Main | 「日常生活からの気づき」第84号 »