« 3連投 | Main | 闇ナベ(?) »

September 26, 2006

「日常生活からの気づき」第52号


*音声版と本文はほぼ同内容です。

【部分と全体】

「脳を鍛える」クイズで、
あるもののクローズアップされた一部分だけを見て、
それが何かをあてる、というのをやっていました。

拡大してみていた部分から、だんだんカメラを引いていって、
全体が見えてくると、意外なものだったりします。

部分だけ見ていても全体はわからないなぁと
このクイズを見るたびにそう思います。

人間関係の面でもこれはいえないでしょうか?

私がコーチングを学んで、
人間関係の面で変わったなぁと感じたことの1つに、
嫌いな人がいなくなったということがあります。

「嫌いな人がいない」ということは、どういうことか?

前の私は、相手の嫌な面、苦手な面が1つあると、
その人全体が嫌い、苦手と判断してしまうようなことが多かったんですね。
0か100かという考え方で人を見ているところがありました。

でも、今は、そういう見方をしていません。

相手の嫌な面、苦手な面を見つけても、
良い所や、能力も合わせて見つけることができるようになりました。

「この人のこの考え方は自分とは合わないけど、
 でも、仕事の進め方や能力はすばらしいよなぁ」

と思えるようになったんですね。

相手の外見、性格、能力、特性・・・・・
全ての面で全部嫌だと思う人って、滅多にいないんじゃないでしょうか。

相手の1つや2つの特性で相手全体を決めつけてしまうこと。

部分だけで全体を判断してしまうことは、
いろいろな可能性を狭めてしまうことなんだなぁと思います。

|

« 3連投 | Main | 闇ナベ(?) »

声のメルマガ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44124/12047159

Listed below are links to weblogs that reference 「日常生活からの気づき」第52号:

« 3連投 | Main | 闇ナベ(?) »