« 「日常生活からの気づき」第49号 | Main | 「日常生活からの気づき」第51号 »

September 12, 2006

「日常生活からの気づき」第50号


*音声版と本文はほぼ同内容です。

【人は鏡】

最近できるだけ、いろんな人に会うように心がけています。

そして、人と会って、会話をすることで、
いろんな気づきが私の中で生まれています。

自分と相手は当然、違う人間です。
だから、会話をしている中でも、

「どうして、あの考え方をするのだろう」
「どうして、この発言をするのだろう」

こういう疑問が沸き起こってきます。

この疑問について、
家に帰ってじっくり考えてみると・・・・

自分の大切にしていることや、自分らしさに
気づくことが多いんですね。

人は人と比較することで、
自分を見出すのかもしれないと思いました。

また、
相手から傷つくような言葉を投げかけられたり、
ちょっとムッとするような発言を言われたり、
こういったマイナスの会話の後、

「何故、自分は傷ついたと感じたのか?」
「何故、頭にきたのか?」

を考えると、大抵、自分の大切にしているものが
いい加減に扱われたりすることで、
傷ついたり、頭にきたりしていることがわかります。

そこから、
「私はこういう考えや行動を大事にしているんだ」と
自分を見つめ直すことができます。

「人は人によって磨かれる」
よく言われる言葉ですが、
最近、とても実感している私です。

|

« 「日常生活からの気づき」第49号 | Main | 「日常生活からの気づき」第51号 »

声のメルマガ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44124/11866936

Listed below are links to weblogs that reference 「日常生活からの気づき」第50号:

« 「日常生活からの気づき」第49号 | Main | 「日常生活からの気づき」第51号 »