« おしらせ | Main | マメ »

June 20, 2006

「日常生活からの気づき」第39号


*音声版と本文は同内容です。

【自覚】

「もっと、自信もってもいいんじゃないの?」と
最近、言われることがありました。

講師の力量に自信を持って、
もっと売っていくことをしたらどうか?
という話の流れの中で、言われた言葉でした。

私の中では
「そうかもなぁ・・・・
でも、自信持つのも不安だなぁ」
という心の声が。

冒頭の言葉の前に、その方からは、
講師としての力量をほめられていました。
その部分については、
「そうかもなぁ・・・」と思う気持もあったのですが、

そこに自信を持ってしまったら、
何だか自信過剰になってしまって、
成長しないのではないか?
向上しないのではないか?
という不安が
「でも、自信持つのも不安だなぁ」

という心の声に。

自信・・・自分の能力や価値を確信すること。
自分の正しさを信じて疑わない心。
と辞書にはありました。

「『信じて疑わない』、『確信』かぁ。
やっぱり、そこまで思えないもんなぁ」

ちょっと違う感じが自分の中ではしています。

そんな時、主人から
「自信じゃなくて自覚したらいいんじゃない?」と
言われました。

自覚という言葉からは、
「良いとか悪いとかという判断や、比較無しで」
事実としてあるという感じがします。

今の自分の能力を認めて、
さらに良くしていこうという気持も
持てそうな感じがしました。

「自分の○○という能力に自信を持つ」
少し強いなあぁという感じがする方は、
「自分の○○という能力を自覚する」と
置き換えて考えてみてはいかがでしょうか?

★プチアートセラピー講座(5) 右脳を鍛える! <直感力とは?>
[日 時]:2006年6月27日(火)
[場 所]:日本陶磁器センタービル 2F 第3会議室(名古屋市東区)
詳細はコチラ↓
http://dolphin.life.coocan.jp/060627.htm

★ 「自分の枠をはずすワークショップ」
[日 時]:2006年6月25日(日)
[場 所]:日本陶磁器センタービル4F 多目的ホール(名古屋市東区)
詳細はコチラ↓
http://dolphin.life.coocan.jp/impro_ws.htm

|

« おしらせ | Main | マメ »

声のメルマガ」カテゴリの記事

Comments

こんにちは!
dozzioさんの奥様ですね!はじめまして!!
私も愛知学院大の心理出身です。先輩ですね!!

>そこに自信を持ってしまったら、
何だか自信過剰になってしまって、
成長しないのではないか?
向上しないのではないか?
という不安が
「でも、自信持つのも不安だなぁ」

私も、似た問題を抱えています。
ステージに立つときは、そんなことを微塵も感じさせてはいけないので、堂々としてますが、実際のところは、全然違うので、自分自身がそのギャップに苦しみます。
自信を持ちたくても、自信を持つこと自体を恐れているので、「自分はダメなのかも」と思うことが多いです。
でも、好きなことは諦めたくないので、「ダメ」からの脱却願望を活力源として奮起しています。

自覚を持つことには、確かに、不安を覚えないですね!!
自覚や可能性を信じることが出来るからこそ、その道を志し、精進しているのですから。。。

Posted by: 音海(^O^)♪ | June 22, 2006 at 03:10 PM

音海さん
コメントありがとうございます。
管理人の妻、あらためたけぽんです。
主人がいつもお世話になっております。

>私も愛知学院大の心理出身です。先輩ですね!!
同じ大学、同じ学科ですね。なんかうれしいなぁ。
これからも、よろしくお願いします!

>自分自身がそのギャップに苦しみます。
自信を持ちたくても、自信を持つこと自体を恐れているので、「自分はダメなのかも」と思うことが多いです。

私もそう思うことが多いですね。
ギャップが大きければ大きいほど、
苦しくなります。

音海さんのコメントを読んで、
自信を持つこと自体を怖れているという部分も
あることに気づきました。

自信を持つことの何が不安なのか?を
考えてみるのもいいかもしれませんね。
(やってみようと思います)

また、遊びにいらしてくださいね!

PS.音海というハンドルネームいいですね

Posted by: たけぽん | June 23, 2006 at 09:22 AM

たけぽんさん、ありがとうございます!!
音海は本名「おとみ」を変換していて、最初に出てきたのが「音海」で、字面が良く、一目で気に入り、以来、ハンドルに使っています。

自信を持つことへの不安の原因は、自信を持ったら怠けてしまいそうで怖いというのと、この程度で自信を持ってしまったら、「あいつは身の程知らずだ」と思われるのではないか、という不安があるからです。

でも、思えば、逆に、何も得意なことが無い、自分には何の取り柄もないと思っていた頃は、こんな悩みは無かったです。
贅沢な悩みなのかもしれませんね(苦笑)

Posted by: 音海(^o^)♪ | June 24, 2006 at 01:00 AM

音海さん
コメントありがとうございました。

>でも、思えば、逆に、何も得意なことが無い、自分には何の取り柄もないと思っていた頃は、こんな悩みは無かったです。
贅沢な悩みなのかもしれませんね(苦笑)

そうですね。持ってしまったが故の悩みですね。
だから小さい子達は、いろんなことに思い切って飛び込んじゃうことができるんでしょう。

自覚しちゃうことも良し悪しということになりますね。

Posted by: たけぽん | June 27, 2006 at 02:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44124/10612502

Listed below are links to weblogs that reference 「日常生活からの気づき」第39号:

« おしらせ | Main | マメ »